出典:sleepy-head.net/

こんにちは、リョウです。
30代はまだまだ遊びが利いたファッションを楽しんで良いと思います。そろそろ落ち着きたいと考えている人でなければ、もっとカジュアルに攻めてほしい年代。特に夏場大活躍のTシャツは、それだけだとラフすぎたり、子供っぽく見えるのでアクセントを1つプラスして大人の雰囲気を出していきましょう。

 

スポンサーリンク

大人感を出しつつ30代がカジュアルをTシャツで過ごすコーデ

…といっても、学生や20代みたいにポップな感じはさすがに周りの人が引いてしまうので、Tシャツのような楽な服装でも、ちゃんと感を出せる大人のカジュアルコーデを選んでみました。

夏のうだる暑さ対策で、軽めのコーデに1点プラスするだけでちゃんと大人っぽい雰囲気を出せますよ!

 

白Tシャツのアクセントにジレ

VネックT+チノパン+革靴
出典:kurumani.com

白Tシャツにチノパンと革靴、それだけでも成立するところへあえてジレをあわせる。

かなり良いアクセントになりますよね。

ただ無地の白Tシャツだけだと、ちょっと手抜きかなーと思われがちな所をもう1枚重ねるだけで大人感が出ます。

カーディガンを合わせても良いと思いますが、夏は暑いのでジレのほうが楽ですね。

もう少しくだけた感じにしたいなら、麦わらやハット帽をかぶるとポップな感じがしてかわいくなります。

 

ボーダー柄Tシャツと八部丈ジーンズでラフに

ボーダーTシャツ+八部丈ジーパン
出典:kurumani.com

完全なマリンテイストとはいえませんが、ポケット付太めボーダー柄のTシャツと八部丈ジーンズで軽めのコーディネートながら足元にローファーをもってきたことで、大人っぽさがググッと高まります!

八部丈って所も高ポイントで、軽くて涼しげな印象です。

いかにも夏っぽい感じですよね!?

こんなにラフな格好でもどこかに1点だけ豪華なアイテムを選ぶことで、全体のコーディネートに落ち着きが感じられます。

これがスニーカーだと子供っぽさが出ちゃうので注意してくださいね。

 

 

ネルシャツを腰巻きでちょいリゾート感

シャツを腰巻してアクセントに
出典:item.rakuten.co.jp

定番のワンポイントTシャツにジーンズと腰巻したチェック柄のネルシャツがリゾートへ遊びに行っているような雰囲気です。

落ち着きを感じるグレーTシャツにしたことで、子供っぽさがなくなりました。

もしネルシャツが無いと何だか物足りませんが、軽すぎる全体のバランスをとるためにアウターを腰巻きすると良い感じでコーディネートが決まります。

シンプルすぎるコーデに、アウターをアクセサリーとして使う見せ方って鉄板ですね。

 

コーデに困ったときのジャケット

ジャケットは最強のアウター
出典:fashionsnap-freaks.net

あまりにもラフ・シンプルすぎるかっこうでも、たった1着で帳消しにしてくれる最強のアウター。

困ったらテーラードジャケットを羽織ると、それだけでキチント感が出て急にバランスが良く見えます。

スポンサーリンク

大人っぽさも格段に上がるので、着ていくコーデが決まらなくて迷ったら最後の手段…として考えるのも手です。

 

 

大人コーデはどのくらいシンプルな服装を楽しむかが面白いと思います。

重ね着やシャツのデザインで勝負するんじゃなくて、全体は普通だけど1箇所だけ豪華にする。

このポイントだけで全体のバランスが整います。

 

それでは失礼します。


 

◆ ヘビロテ注意な楽々コーデ術

「もぅ考えるの嫌だー、でもおしゃれに見せたい」そんなワガママなあなたにも、たった1着あるだけでこんなにも助けてくれるアイテムがあります。

⇒ 羽織るだけでどんなコーデも上品さやバランスが整ってしまうアイテム

 

◆ シンプルな夏コーデのアクセントに

肌の露出が多い夏はシンプルスタイルになりがちでとこか物足りなさを感じることがあります。そんな時に活躍するアクセサリーに実は深い意味があったことを知って驚きました。あなたのつけ方は正しいかどうか知りたくないですか?

⇒ アンクレットにはこんな意味があったなんて知らなかった!

 

◆ 日傘よりストールがこれからのおしゃれ

1つ持ってると助かるアイテムにストールがありますが、巻き方でこんなにも身を守ってくれるなんて知ってて良かったです。

スポンサーリンク

⇒ ストール一つで日焼けや利き過ぎる冷房から身を守る巻き方