出典:tsukucari.com

こんにちは、リョウです。
ほとんどの社会人は名刺交換という
挨拶マナーに直面します。

スポンサーリンク

はじめに

名刺はただの紙切れや自己紹介書
ではなく、会社を代表する鏡の
ような物です。

いわばあのカードは頂いた相手の
分身とも言える…と私は教えて
もらいました。

先方に失礼の無い名刺交換の
ビジネスマナーを身に着けましょう!

 

名刺入れの使い方とマナー

名刺入れをお盆代わりに受け渡す

相手の分身である名刺を直接
手渡しで受け渡しすることは
失礼に当たるとされていました。

今日では時間短縮とそれほど礼儀に
うるさくない傾向があるので、そんなに
難しくはありませんが、原則として
自分の名刺入れの上で交換を済ませるのが
大前提です。

一番目に付く名刺入れもエチケット重視で
相手の不快にならない選び方も大事ですよ。

 

名刺の渡し方は昨今「略式」で
受け渡す事が自然の流れとなっています。

この記事では略式方でのシーンを想定します。

最初に渡すのは目下側から(訪問側)

相手を訪問する際はこちらから
先にお渡しするのが基本です。

また、訪問された側であっても
相手が目上の方であればこちらから先に
お渡しするのがいいでしょう。

自分の名刺を相手に読み取れる向きで渡す

できれば名刺入れに入れる際
取り出すと直ぐに相手の読み取れる
位置にセットしておくと便利です。

右利きなら右手の人差し指と親指で
自分の名刺を1枚取り出した時に
名刺が自分から見て逆さまである様に
入れておくのです。

名刺の渡し方を練習しながら
癖付けるとスムーズに受け渡しができます。

受け取る際は「頂戴します」と必ず言う

相手から両手で受け取りながら
お辞儀をするのですが、相手の名刺が
自分の胸の位置から下がらないように
手の位置を固定するのがポイントです。

できれば名刺入れの上で受け取ると
より丁寧な印象を与えます。

同時交換時でも両手を必ず添える

まさにタイミングが重なってしまったら
押し問答する事無く、両手で渡す直前に
利き手側で自分の名刺を渡し、もう片方の
手で相手の名刺を受け取ります。

受け取る手には名刺入れを乗せておき
相手の名刺を名刺入れの上で受け取ります。

自分の名刺を受け取ってもらえたら
即座に両手持ちに戻し相手の名刺を
受け取ります。

直ぐに役職や名前の読み方を確認する

後から間違えたり、当てずっぽうで
正しくない読み方でで呼んでしまうのは
大変失礼ですね。

名刺交換の際に、その辺を解消すれば
スムーズに商談が進められます。

名刺の裏等にその会社の業種や
大事にしている社是などが
書かれていることもありますので
質問したり共通の話題にしてもいいですね。

受け取った名刺を置く場所は机の左上が基本

相手が一人なら名刺入れの上に乗せます。

相手が複数なら、その中で目上の方のみ
名刺入れに乗せて、他は座席の位置順に
並べて机上に置きます。

もし置くスペースが無かったり
あまりにも多くの人と名刺交換をした際は
名刺の束を額の位置まで持ち上げて
お辞儀をした後、仕舞います。

スポンサーリンク

絶対にやってはいけない行為

  • 相手の目の前で名刺に書き込む
    名前などフリ仮名が書かれていない場合は
    相手の方に一言断ってから記入すること。
  • テーブル越しに名刺交換
    横着と取られ失礼に当たります。
    不遜な態度は悪意と取られることも…
  • 相手の名刺を置き忘れて帰る
    名刺は相手の分身ですから…
  • 汚れ、折れ曲がり印刷ミス、不鮮明な名刺を渡す
  • 名刺の上に手や物を置く

まとめ

名刺は相手の分身として
丁重に扱うことが必要です。

最初はわからない事が多くて
間違う事もあるでしょうが、率直に
質問したり、確認を促すくらいの
余裕をもって臨んでほしいです。

  • 名刺は相手の分身として扱う
  • 名刺交換する時は名刺入れに乗せて受け渡す
  • 原則、両手で受け渡すのがマナー
  • 目下から最初に受け取ってもらう
  • もらったら「頂戴します」と一言必ず言う
  • 受け取った名刺の内容を直ぐに確認する
  • 名前の読み方が分からなかったら率直に聞く
  • 受け取った相手の名刺は名刺入れの上に置く

 

編集後記

だいぶ前、新しくトップに就いた人が
挨拶で現場を訪問した際に、部下に
当たる人が受け取った名刺を折り曲げて
えらい騒ぎになったことがありました。

それだけ名刺に対する意識って強いんですね。

スポンサーリンク

それでは失礼します。