出典:zebra.co.jp/common-product/del_guard/images/main.jpg

こんにちは、リョウです。
人のアイディアは尽きることがなく、進化が止まないのはユーザーにとっては有り難いことです。シャープペンシルを小学生の頃から愛用していますが、芯折れや詰まりでよく分解したものです。

 

スポンサーリンク

芯折れが無いシャープペンシル!デルガードで筆記ストレスが無くなる

社会人になって多用する筆記具はボールペンが圧倒的に多いですが、同じくらいシャープペンシルも使用してます。

シャープペンシルの一番の泣き所は筆圧が強いと書いてる途中で芯先が折れてしまうこと…

たまに短い芯が中で詰まったりして、仕事に支障をきたすことがありますね。

その悩みを解決すべく開発された商品がゼブラ「デルガード」です。

 

芯先を金属カバーで覆うという発想

デルガード
出典:zebra.co.jp/common-product/del_guard/images/feature_01.jpg

ペン先に使われている金属部分が垂直方向はモチロン、斜め方向に力を入れる書き方をしても、金属カバーの中へペン先ごとスライドするので、一番負荷のかかる芯先が覆われる事で芯折れを防いでくれるという仕組みになっています。

これは学生の頃にほしかった…商品ですw

 

クルトガと合体して欲しい

クルトガが出たとき、即購入して今でも愛用しています。

いつまでも書き味の変らないシャープペンシルを使ってると、他を使う気にすらならないから問題ですw

「デルガード」を見て、直ぐに「クルトガ」の仕組みが備わっていればもっと良いのに…と考えていたら、同じことを実践している人が既にいましたw

デルガード改造
出典:livedoor.blogimg.jp/kakimi0225/imgs/3/8/3897ef0b-s.jpg

みんな考えることは一緒ですね…

上の画像では少し分かり難いですが、グリップ部分にクルトガエンジンが備わっているようで、ペン先がクルクル回って筆圧が強くても折れないデルガード機構も働いてました。

あともう少し欲を言うと、「Dr.グリップ」と合体できるとしばらく何も要らないかもしれませんw

スポンサーリンク

これに「ユニ ナノダイヤ」を変え芯で利用すれば、最強のシャープペンシルができるかもしれません…

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。