出典:nanapi.jp

こんにちは、リョウです。
社会では何かとマナーにうるさい世界観があります。最近では無頓着になりつつあるようにも見受けられますが、単に寛容というか無関心になりつつあるだけです。あなたには最低限のマナーを知っておいて、対応できるようにしておいて欲しいです。

 

スポンサーリンク

エレベーター乗り降りマナーを知って基本を抑える!

マナーって周囲の人に迷惑をかけない為の慣習的ルールです。

マナーを知れば、まさにどこへ出ても恥ずかしくない行動ができるようになります。

その振る舞いは大変スマートに映るので、好感をもつものです。

社会人になったら必ず基本を抑えて、ドンドン小難しいマナーも知るべきだと思います。

⇒ 社会人としての超基本的なマナーは?

 

エレベータを待つ時の立ち位置

既にマナーチェックは始まっています。

待ってる間、自分がどの位置に絶つのが正解か?

頭を働かせると直ぐに理解できるものですが、割と無頓着ですよね?

エレベータ(以降「ELV」と略。)を待つ時は、ドアの脇に立ちます。

ドア脇なら、出てくる人がスムーズに降りやすく乗り込む人との入れ替えが素早くすみます。

ドアが開いた時に降りてくる人がなるべく確認できる位置に少し離れて立っていると、相手を驚かす事無く自分の存在をアピールできるので良いですね。

これは公共交通機関を利用するときも一緒なので、電車・バスなど普段利用する移動手段でも同じことが言えます。

⇒ 特に女性が気をつけたいこと

 

後乗り後降りを徹底する

1人や同僚など序列が一緒の人達と利用する場合は良いのですが、これが客人や上司など目上の人達と乗り降りする際は注意が必要です。

客人や上司と一緒の際は操作スイッチの前に立ち、行き先ボタンを操作します。

乗り込む際はボタンを押しドアを開いた状態を保ちます。

自分が最後に乗り込み操作パネルの前に立ち、背中を壁に向けて立ちます。

降りるフロアに着いたらフロアボタンを押すか、ドアの端を手で押さえて閉まらないようにしておきます。

自分は最後に降り、素早く回り込んで先頭に立ち行き先を案内するとスマートです。

 

順序が逆転しても慌てない

中には遠慮して先乗り・先降りを促してくる人もいますので、一度断って遠慮を示してから再度促されたら先に行動しても良いでしょう。

一番見苦しいのは遠慮の押収をし合って、ELVに乗り合わせている他人を待たせることです。

その辺も考慮しながら短い時間で遠慮の押収を終わらせます。

スポンサーリンク

先に操作パネルに触れたり開いたドアを押さえると、遠慮の押収を避けることができます。

なお、体に触れて押し込むように促すのは大変失礼です。

特に目下の者が目上(上司はモチロン来客に対しても)の腰や背中を押し出すのは絶対にしないでくださいね!

⇒ 初めてのご挨拶で気をつけたいマナー

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。