出典:wbg.jp

こんにちは、リョウです。
就活をする人にって文字を書く事はその人のアピールポイントであり、最近俄かにペン字や美文字が流行ってるのもその影響かもしれません。

 

スポンサーリンク

油性か水性か?ボールペンの太さや書類を見る側の視点から考える

履歴書や職務経歴書を見る立場の人にとって、見やすさが重視される理由は、一番ストレスを感じにくく、ある意味それすら配慮が見られない書類はボーダーライン突破すら困難なのです。

少しでもライバルより優位に立つために、ボールペン字を書く時のツール選びも拘ってみてはいかがでしょうか?

⇒ 採用側が重視する履歴書を見る時の基本的なポイント

 

そもそも油性か水性か?

最近のボールペンは使い勝手別に多岐に渡り、用途別開発も盛んなので選び放題です。

採用する側の視点から考えると、前述の通り「見易さ」が一番重要なポイントなので、油性・水性は正直どちらでも良いというのが本音です。

ただし、水性インクは乾燥するまでに時間を要する場合が多く、乾ききる前に封筒に入れたりすると文字が滲んだり擦れたりと見る側にとってストレスの原因となります。(最近は速乾性製品も多い)

油性は安定感に欠けるタイプも見られ、書いてる途中でインクが飛び飛びになり、文字の太さや濃さに影響するペンもあるので、そのあたりをクリアできるペンを用意すれば良いですね。

ペンの太さは0.7mmタイプが読みやすく印象が良い

よく手帳等で多用される太さは0.3mmタイプが多く、小さな文字を判別しやすく書けるのが特徴です。

一般的に利用されているのは0.7mmが多いですね。(実際は同じ0.7mmでも書き味や太さに違いが出るのは不思議ですが…)

見慣れている分、自然と読み易さに繋がっています。

1mmだと読み易さは格段に向上するのですが、ビジネスシーンでは不自然な印象に映り、大量の手書き書類に目を通す採用側にとって違和感を感じるかもしれません。(多少幼稚な印象を抱くことも…)

この辺は画一性をもって対応する事が好ましいので、手書き提出書類を書く際は「0.7mm」で統一して書くことをオススメします。

 

履歴書等の手書き提出書類書きにオススメなボールペン

文字が濃く書け・ペン先0.7mm・安定して書けるボールペンを個人的にいくつかピックアップしてみました。

 

ぺんてる ゲルインキボールペン ノック式エナージェル 0.7mm シルバー軸 黒インキ BL77-A


出典;amazon

ゲルインキボールペン採用でなめらかにいつまでも書き味が変化する事無く書き続けられるのが特徴です。

色の濃さや発色も良いので見易さで勝負できます。

スポンサーリンク

 

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ0.7 ブルーブラック


出典;amazon

インク切れがホボ無く安定した書き味が実現できるペンです。

こちらは水性タイプですので、商品名の通り「サラサラ」と書き続けられます。

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。