出典:sevenrich-ac.com

こんにちは、リョウです。
確定申告って簡単に言うと、事業で稼いだお金(所得)に、いくらの税金を払うべきなのか調整する為の申し出なんですね。
ネットで言われているのは給与意外に年間\20万以上稼げたら申告すべきとされていますが、鵜呑みにしていると会社バレしますよ~(怖っ

スポンサーリンク

初めての確定申告で用意する書類と作成要領について

以前書いた記事で副業がバレない為のボーダーラインについてお話しましたが、石橋を叩いて渡りたいなら確定申告は必須だと思います。

面倒だからとか\20万超えないからと油断しないでくださいね。

また、本業で申告をされる人との違いは給与意外に稼いだお金についての申告をするというだけで、違いはほとんどありません。

 

どんな書類を揃えるのか?もらえる?

まずは確定申告の方法を決める

確定申告の方法は大きくニ種類、よく耳にする「白色申告」、「青色申告」の方法がありますね。

どちらで申告するかは面倒でもお金を事業の為に使えるほうが良いのか、お手軽さをとるか次第です…

  • 白色申告=年間売上 ー 必要経費 = 事業所得
  • 青色申告=年間売上 ー 必要経費 ー 控除額 = 事業所得

「控除」はかなり節税に利くので、副業から本業へいつかシフトする人や売上げが年間\300万を超えるようなら是非取り組んで欲しいです。

「白色…」は取引の内容を記帳しなくていい気軽さがありました。(過去形)

残念ながら法律改正で2014年1月以降は事業をする全ての人に記帳(売上や日付や摘要や金額等を記録する事)義務化が始まりました。(副業であってもです、あ~メンドイ…)

 

「青色…」は稼いだお金の中から「経費」と「条件設定のある予算(控除額)」を差っぴいた後の金額(事業所得)に、対して課税されます。

無駄に多く取られなくて済むわけです。

その分、きちんとお金の出し入れや使い道について帳簿を記入する面倒さはあるものの、正しく利用すれば仕事を大きくする事や効率化を図るために投資したり節税できますね。

初めての人は「白色…」から手を付けるといいですね。

書類はどうやって作ればいいか?

申告書類は税務署でGet

白色申告では申告書B」という用紙をもらいに税務署へ足を運びます。

最近の会計ソフトはこの書式すら印刷できるので、大手有名会計ソフトを選んで使い方に慣れる為に最初から会計ソフトを導入するのもありですね。

この様式に必要事項を記入しながら計算を進めると、最終的に「所得税」を弾き出す事ができます。

☆収支内訳書(重要書類)を作る

白色では「収支内訳書」の完成が峠で「申告書B」とセットで、事業主の住所や氏名等を書いて、申告する年の売上金額、かかった経費を項目ごとに合計した金額を記入します。

完成させたら同じ物を3枚用意します。(申告用、住民税用、自分の控え用)

 

何を書くのか?

白色では「収支内訳書」に収入金額(売上等)の合計とかかった経費を記入します。

スポンサーリンク

これが完成すると「申告書B」で納税金額が計算できます。

 

とっつき難い印象のある確定申告ですが、意外とできるもので、恐れずに挑戦して欲しいです。

 

それでは失礼します。

 

▼副業の稼ぎは確定申告するべきなの?

会社バレせずに副業で稼ぎたいなら、その中身についてちゃんと知っておくべきです。ネットで言われている目安だけでは安心できないポイントがあるのです。

スポンサーリンク

 副業で確定申告するかどうかのボーダーラインは?