出典:jitensyatsuukin.com

こんにちは、リョウです。
革靴を買ったらお手入れしなきゃ…
そんなに意気込むこと無いですよ。

スポンサーリンク

はじめに

革靴はきちんとしたお手入れをすれば
それこそ10年くらいはもつものです。
(あくまで大量生産品以外)

でも毎日お手入れするのは大変そう…
最初は私もそう思っていたのですが
実はもっとも簡単な方法で日々のメンテは
済ませられるのです。

 

革靴の簡単なお手入れ方法

革靴の大敵は水分と汚れである事を
覚えておけば、それに対応する方法で
毎日簡単なお手入れで済みます。

普段のケアを更に簡単にする方法が
防水スプレーを使用する方法です。

 

帰宅後は汚れを拭き落とすだけ

まず、水を固く絞った布で
表面の汚れをふき取ります。

拭う布はなるべく柔らかい物
がいいですね。硬いと傷の素
になりますし、余計な水分が
残るといけません。

濡れ布巾でふき取った後に
同じくらい柔らかい布で乾拭きすると
更にいいです。

不要なTシャツ等の切れ端なら
いくらあっても重宝しますね。

風通しの良い所で湿気を飛ばす

汚れを取り除いたら、風通しの良い
場所において靴が吸った水分(汗)を
風で飛ばすようにします。

足から出る汗は一般的にコップ一杯分
と言われていて、これが外回りの方なら
更に大量でしょう。

この靴が吸い込んだ汗は、残っていると
臭いの原因やカビの温床となり、最悪
廃棄しなくてはなりません。

日常行なうお手入れ方法は以上です。
とても簡単なので毎日続けられますね。

 

柔らかくなった革を整形する

乾燥させる際「シューキーパー」という
靴の中に入れて形を整える整形材を
仕込んでおくと型崩れし難いです。

汗を吸い取った革は思った以上に
柔らかくなっていて、型崩れしたまま
乾燥させるとそのまま歪んで固まります。

シューキーパーが木製だと
更に湿気を吸い取ってくれるのでなおいいです。

 

週1~月1回の重点手入れを欠かさない

余裕があれば、週1回。

最低でも月1度はブラシや
専用のクリームを使用して
本格的なお手入れをすべきです。

専用ブラシを使い分け汚れを掻き出し
汚れ落としやクリームで革に栄養を
与えると、柔らかくなり汚れ染みも防げて
靴自体長持ちさせられます。

 

最低三足必要な理由について

先ほど、革靴は足の汗を
吸い取ると書きました。

その汗の水分を十分に乾いた
状態までもっていくのに、おおよそ
2日程かかります。

いわゆる「中休み」のインターバルを
おくことで、靴の物持ちが良くなりますね。

なので、週にローテーションで回す
革靴の数は最低でも三足必要なのです。

できれば同じ色で、少しだけ
デザインの違う革靴を揃えると
着合わせを気にせず悩むことなく
直ぐに履いていけますね。

 

まとめ

人によっては一足で十分
と言う人もいますが、私個人の見解では
そういう人に限ってお手入れをしません。

足元は常に見られています。
清潔感や信頼感を生み出すのに
見た目も大事です。

なるべくなら数速揃えてローテーション
を守り、買い替えの余計な手間も減らしたいです。

スポンサーリンク
  • 帰宅後はすぐに水に濡らした柔らかい布を固く絞ってふきあげる
  • 水布巾の後は、乾拭きするとなおいい
  • 十分な自然乾燥を行う
  • 乾燥時間は2日程、風通しのいい所に置くだけ
  • 余裕があれば週1回、ブラッシングやクリームで重点手入れ
  • 手入れ後はシューキーパーを中に仕込むと型崩れを防げる
  • 三足購入し、ローテーションを守る

 

編集後記

私は革靴が好きになってしまい
週間分の革靴を七足揃え、さらに
夏用に履くローファーも揃えてます。

その分負担が多くなったのは
言うまでもありません。

しかしその負担に耐えうるほど
おしゃれも楽しんでます。
慣れるまでは大変でしたけどねw

スポンサーリンク

それでは失礼します。