出典:gogo-jobcafe-shimane.jp

こんにちは、リョウです。たった1枚しかない書類を間違って記入した時の使えそうな小技として「訂正印」があります。・・・が、これは使うシーンに限りがありって特に履歴書等の書類を受け取った相手への悪い影響を及ぼしかねない大事な場面での使用は控えたほうがいいです。

 

スポンサーリンク

訂正印の注意したほうが良い使い方とNG使用例

多くの人が書類記入でミスると誤字に二重線を引いて持参している認印等で「訂正」をすると思いますが、ことエントリーシート等の就活や転職時の提出書類にそれをやっちゃうのは絶対におススメしません。

相手からの印象があまり良くないからです。

⇒ エントリーシートに訂正印を使うと落とされる!?

 

訂正する前に面接担当者へ連絡して事情説明しよう

まず取る方法として、担当面接官へTELし事の次第を説明しましょう。(この場合メールでやりとりするのは絶対にNGです!)

その後、どうすれば良いか対処法を習うのもいいですし、訂正印を押して修正する旨伝えると丁寧だと思います。

誰しも間違いは犯すもの。

それでも正す為に最善の策をとろうとする姿に、人は安心感・信頼感を得ます。

勝手気ままに安易に行動を起こし結果だけを見せるのではなく、きちんと説明をしたる過程を見せる事であなたの人と成りをPRできる事にもなります。

とにかく丁寧に対応しましょう。

エントリーシートの訂正印の押し方

これは訂正印の押し方の例に習って対処すれば問題ないと思います。

⇒ 訂正印を押し方と押した後の訂正の仕方

 

ただし「どうしても」…という時、最後にとる手段としてください。

「できるだけ綺麗なエントリーシートを提出する事が相手への配慮として当然」と一般的には考えられているので、「たった1枚の書類しかなくて…」とか「時間が無くてやむを得ず」という特殊な例の時だけにしておきましょう。

訂正された書類は残念ながら相手からの心証はあまり良くないようですが、そこは自己PRや筆記試験等で挽回するよう頑張ってください。

 

重要書類は原本をコピーして何枚か用意しておく

もしコピーしたフォーマットでも提出が可能であれば、もらってきた足で即コンビニ等へ駆け込み数枚コピーしてから記入しましょう!

書き損じを想定すれば、応募企業からもう1部予備をもらっておいた方が安心です。

原本のみの提出が義務付けられていても、コピーした物を練習用として記入すれば、書きながら間違ったとしても割り切って本番に望めますよね!

 

絶対に使用を避けたいアイテム

「修正液」を使用して訂正するのは避けましょう!

これも相手からの心証や自分にとって不利になる事を避ける方法の一つです。

スポンサーリンク

⇒ 修正液を使用して重要書類を訂正すると危険!

エントリーシートは慎重に配慮して書くべきだと思います。

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。