出典:menzine.jp

こんにちは、リョウです。
仕事でもプライベートでも
成功したいなら自分のメンタルを
一定に保つ必要があります。
ある状態を保つことでミス連発を防いだり
効率の悪さを回避したりできます。

 

スポンサーリンク

失敗しないためのメンタルケア

不機嫌な心の状態は失敗しやすい

ある心理学の実験で2つの
アスリートグループを対象に楽しい事を
思い浮かべる群と嫌な事を思い浮かべる
群とに分けてそれぞれ連想させた後、
記録を計測すると、総じて楽しい事を
思い浮かべた群の記録が良かったそうです。

ココからわかることは、メンタルの状態が
想像以上に人の行動を支配しているという事です。

 

上機嫌だと集中しやすい

何故このような結果が出たのか
分析すると、人が集中力を高めるのには
心理状態が「上機嫌」でいる事がもっとも
効率が良いという事がわかったそうです。

不機嫌な状態では心がその事ばかりに
思考が持っていかれる為に集中力が
削がれる事が大きな原因のようです。

 

不機嫌だと疲れやすくなる

不機嫌な状態で仕事や作業に
取り掛かると効率が悪かったり物覚えが
悪かったりするので何度もトライ&エラー
を繰り返しがち…上達や進捗に遅れが
生じます。

集中力が欠けているので当然ですね。

その他の要因で集中力を欠く事も
あるので自分の体調に気を配ることも大切です。

⇒ 集中力を削が無い為の試み

その為、心身伴に疲労感を感じやすくなり
段々イライラするようになります…
ストレスが溜まるのですね。

そのうちミスを連発し、終いには
投げ出してしまいます。

これではいつまで経っても仕事が
片付かないばかりか物事が進まないのも当然ですね。

 

メンタルケアも仕事の内と考える

以上の事から物事を上手く成功させる
には自分の機嫌を取る必要があります。

常に上機嫌でいる事ができれば
集中力が高まりやすく、物事が
スムーズに進めやすくなるからです。

仕事は効率が求められるシビアな世界。

もし仕事を上手く進めたいと考えるなら
自分の機嫌を上手にコントロールする
必要があります。

標準的に自分の仕事をコントロール
したいならこのような方法をとると効率化
が図れるので仕事が捗りますよ!

⇒ 新人は仕事のタスク管理をしよう!

 

上機嫌な状態を作る方法

楽しいことを思い浮かべる

冒頭の事例の様に自分が楽しかった
経験を思い浮かべた後、仕事や作業に
取り掛かると上機嫌な状態を作り出し
やすいですね。

過去の楽しい思い出や自分が好きな
コトを思い浮かべてニヤニヤすると良いですw

 

楽しいことに直面する

面白動画を見たり楽しくなる音楽を
聴いたり好きな人の顔をみたり
人それぞれ自分がウキウキモードに
なるポイントがあると思います。

スポンサーリンク

それを意図的に事前に行なう事で
上機嫌モードに無理やり移行することが
できます。

 

心地良い事をする

甘い物が好きな人はスイーツを頂いたり
ツボ押しやマッサージで体をほぐして
気持ち良くする等、自分のお好みの方法で
心地良さを演出すると機嫌が良くなります。

 

行動に移すと心がつられる

人の心理状態はとても移ろいやすいです。

笑っている人を見ると何故かつられて
笑ってしまうという心理実験がありますが、
それだけ人の心は環境に左右されやすいのです。

もしメンタルが上機嫌な状態を作り出したい
なら、まず自分が上機嫌になる行為を事前に
行なうといいですよ。

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。