出典:eshop.aoki-style.com/guide/guide_sizelist.php

こんにちは、リョウです。
スーツを選んでいるとアルファベットの
横に数値が書いてあります。

あれ、実は「JIS規格」で定められた
人の身長にあわせたサイズを表しているんです。

 

スポンサーリンク

はじめに

よく「YA3」とか「B6」とか
服のタグやお店のPOPに書かれている
のを見て「何の意味だろう?」と
疑問に感じていたのですが、気にせず
買ってましたw

誰も教えてくれないので調べるしか
ないのですが、実は服の縦のサイズを
表した数値なんですね。

数値ごとに洋服のバランスは
考えられているので、自分に合う服を
選ぶ際に知っているといいですね。

JIS規格に沿ったサイズ選び

ひとつの数値は1上がるごとに
5cm刻みでサイズアップすることが
決められているそうです。

日本のJIS規格上、数値の始まりは
「1」からだと思われますが、
ほとんど目にした事がありません。

「1」は身長150cmを想定している
ようで、ぶっちゃけ子供体型ですね。

スーツでもよく見られる表記なので
覚えておくとジャストフィットな
スーツを手早く選ぶことができます。

例えば身長170cmの人は
「5」を選ぶと間違いなさそうです。

これに体型(胸囲)に合わせた形状
を選べばジャストフィットすることでしょう。

参照記事:スーツの基本の形は4種類!自分にあったスタイルでカッコ良く見せよう

洋服のサイズは縦×横のサイズで
展開されていることがほとんどで
それぞれのメーカーやブランドで
幅を持たせて作られています。

この関係を知っていれば
不慣れな店員に惑わされることも無く
試着する際も指定して持ってきてもらえるので
時間の節約、いくつも試着で着る等の
メリットがあります。

まとめ

洋服を選ぶ際は、胸囲と身長のサイズを
しっかり確かめてから試着したり購入する
ようにすれば、おおかた間違いません。

カジュアル服と違ってスーツは
一度購入すると失敗が許されない
大切な物です。慎重に選んで
ジャストフィットを探してくださいね。

  • 服のサイズはJIS規格で決められている
  • 数値が1つ上がると5cm刻みで大きくなる
  • 身長165cmだと「4」、170cm「5」
  • 洋服は縦横のバランスで作られている
  • 横幅は「胸囲」で決める=形状

 

編集後記

大昔はダボダボスーツが流行ってましたw
あのユッタリ感は今見ても疑問です。

スポンサーリンク

でも、当時流行していた頃は
みーんな同じような格好ばかりだったんだから
流行って恐ろしいです。何がよかったんだろう?

スポンサーリンク

それでは失礼します。