出典:datsufreeter.com

こんにちは、リョウです。
就職活動を始めるに当たってスーツの着合わせやネクタイ選びに困る人もいますね。多くの社会人にとってスーツはユニフォーム同然。早めに慣れる為にも着こなしは大事です。就活でのネクタイはビジネスマンと違って選び方にも意味があるようです。

 

スポンサーリンク

就活に最適なネクタイ選びと気をつけるポイント

男性の少ないオシャレポイントとして拘りの見せ所でもあるネクタイですが、こと就活ではオシャレではなく爽やかさや清潔感・好印象を与える事が重要です。

決して悪目立ちするような色・柄を選んではいけませんよ。

⇒ 悪目立ちするデメリットとは?

 

就活に最適なネクタイの色別対応シーン

就活では企業の面接官に、如何に好印象を抱かせるかがポイントです。

派手な色や柄、企業風土に合わないと思われるようなデザインは必ず避けて、慎重に選びましょう。

もちろん最適なネクタイの結び方もマスターしてくださいね!

⇒ ネクタイ結びの黄金バランスをマスターせよ!

 

グループディスカッションにはクールな印象の「グレー」

主張の場であるグループディスカッションの日は、みんな必死にアピールする為、奇抜なネクタイをしてきたり赤やレジメンタル等、人と違った主張をネクタイに込めてきたりします。

そんな中でひと際異彩を放つ「グレー」を身につけると、冷静沈着な印象を与え、その場をまとめたりディスカッションを牽引するリーダー役に抜擢されるかもしれません。

グループ面接では「イエロー」系で異彩を放つ

横並びに同じ様な主張ばかり聞かされると退屈するのが人情です。

せめて他と一線を画すネクタイの色で目を向けさせる事で、注目を集めることもできます。

目に付けば質問が飛び、あなたを中心に会話が展開するチャンスがあるかもしれません。

少し主張する柄であなたへの注目を集めてみましょう。

 

誠実な印象を与える「ネイビー」は個人面接向け

1対複数(面接官)のシーンでは、あなたの足のつま先から頭のてっぺんまで吟味されるもの。

特に個人面談のような単独での質疑応答では社会人としての常識やセンス、人柄まであらゆる角度から個人を品定めされます。

誠実さをアピールする事で面接官に安心感を与え、内定獲得に一歩でも近づきたいですね。

 

若さと力強さ熱意を伝える「レッド」で最終面接

志望した企業へ入社し、仕事へのやりがいや自分の希望など熱意を持って伝える最終面接ではあなたの情熱をネクタイの色で表現し面接に望みたいです。

⇒ ライバルにちょっと差をつけるネクタイの結び方

スポンサーリンク

 

上記はあくまでシーン別で選んでみました。

企業によっては一定の色を好んだり柄物禁止、拘り無しなど千差万別です。

できるだけ企業研究する際に、実際の勤続者の身なりを観察するなどして雰囲気を事前に察知しておくのも内定獲得の近道ですよ。

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。