出典:woman.mynavi.jp

こんにちは、リョウです。
女子の就活スタイルにもクールビズは求められてますが、男子同様にその場の雰囲気で訪問先にあったスタイルに即座に対応できるようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

就活女子のクールビズスタイルはジャケットとシャツが決めて!

女性の就活スタイルはジャケット+スカート(パンツ)+ブラウスで色は紺か黒が定番ですが、クールビズでもそんなに差はありません。せいぜいジャケットを脱ぐか着るかくらいです。

もちろん訪問先に合わせて服装を調節するのは基本ですが、相手によって臨機応変に服装を変えられるようにジャケットは持参で移動した方がいいですね。

 

訪問先別クールビズスタイル

民間と官庁(3セクや準公務員)でクールビズスタイルに差があります。基本を抑えてどんなシーンでも対応できるように準備しておきましょう。

 

  • 官公庁
    徹底したクールビズスタイルです。女子はいつものスーツスタイルからジャケットレスで望めばいいのですが、自分だけ浮かない対策でジャケット持参はしておきます。ただし、ブラウスは色柄やフリル付等は避けてお堅い真面目路線で選びます。
  • 民間企業
    クールビズ推奨であればジャケットレスで参加。ただし周囲の雰囲気で着た方が良い場合もあるのでジャケット持参。

※ 中から着るブラウスやシャツは必ず「襟付き」を着てください。フリルや色柄物はアンフォーマルとしてビジネスに相応しくない装いとされています。

気をつけたいポイント

女性の服装はどれもファッショナブルで通常なら華やかで良いのですが、就活ではキャラが変るくらい地味目でコーディネートしましょう。

  • 薄手のブラウスは避ける(透けてるとハシタナイと思われる、キャミソール着用推奨)
  • インナーはベージュ等透け難い色を選んで着る
  • ブラウスの色は白が無難(色柄やフリル付きは避ける)
  • ブラウスは体にジャストフィットを着る
  • ブラウスボタンは開けても第1ボタンまで、なるべく全閉
  • 長袖を腕まくりしない(五・七部袖を着る、肌の露出は少な目が良い)
  • ボトム側は黒が無難(濃い目のグレーも可)
  • スカートでもパンツでもOK(パンツの場合ベルト着用:派手目バックルは避け色も地味目を選ぶ)
  • ストッキングはベージュが無難(生足NG)
  • 靴はヒール高5cmが無難

以上が、就活女子のクールビズ注意ポイントです。

会社説明会へ参加した時に応募予定企業の説明者の服装を細かくチェックしていてください。

説明会で相手が着ている服装がその企業の社風であり、就活生はそれをヒントにドレスコードに取り入れましょう!

服装はあくまで相手への礼儀を踏まえた基本的マナーですので、外さないようにしてくださいね。

 

それでは失礼します。

就活女子の応援記事

◆ ヒール高の黄金バランス

就活生もOLさんも足元のドレスコードは同じです。特にヒールの高さで仕事のしやすさやイメージに変化がつけられるので注意したいポイントです。

スポンサーリンク

⇒ 就活女子も気をつけたいヒール付き靴の選び方

 

◆ 服装が決まったらメイクもバッチリ?

服装は一番気にする人が多いですが、就活生らしいメイクも重要なポイント。新社会人として入社したての人と同じで気をつけたいポイントがありますよ。

⇒ ナチュラルで行こう!就活女子のメイクアップポイント

スポンサーリンク