出典:mery.jp

こんにちは、リョウです。
梅雨時の足元を濡らさず過ごしたいなら、レインブーツは欠かせません。スカートや細身パンツに合わせるおしゃれコーディネートを考える時のポイントとおススメブーツを選んでみました。

 

スポンサーリンク

おしゃれに梅雨を過ごすロングレインブーツコーディネート

雨の日といえどオシャレにお休みはありません。

ですが、レインブーツ選びを間違うと「魚屋さん」に見えてしまい、どうしてもダサい感じがします。

それは人気のブランドでも同じこと…個人的にダサく見せないブーツ選びのポイントは「スリムフィット」

足のラインに沿って形がデザインされている物を選びます。

冬に履くロングブーツと同じような形のスリムなレインブーツを選ぶのがオシャレに感じます。

ただし、おしゃれ優先に選んでいくとどうしても脱ぎ履きしにくくなります…。

 

人気ブランドの中から選ぶおしゃれレインブーツはこれだ!

 

WINNER FLEX RUBBER BOOTS(ウィナーフレックスブーツ)

dafna-winner
出典:shopping.c.yimg.jp/lib/sreign/dafna-winner-logo003.jpg

大人気ブランドの一つ「ダフナ」は生粋のラバーブーツメーカーで、作りもシッカリしてます。

歩いた時のヒザ裏の当たりを考えてか、オールラバーではなくゴア(ゴム)をしつらってあるのがポイント高いですね。

ロングブーツは立ち姿はカッコイイのですが、歩いているとブーツのフチがヒザ裏に当たって痛い物もあります。

長距離を歩くことは考えられません…

ダフナのブーツは美脚効果バッチリの細身タイプでどれもオシャレです。

 

 

 

UMO FLAMBUMO(ウモ レインブーツ)

umo1
出典:shopping.c.yimg.jp/lib/footone/umo1.jpg

こちらも大人気のウモ(UMO)

細身タイプならカラーは何を選んでもおしゃれに見えますが、定番色のマロン・ブラックはどんな服にも合わせられる万能タイプで便利です。

UMOのスッキリとしたデザインはシンプル過ぎるくらいです。

反面、上品さを感じます。

足のサイズに合わせて筒丈が5mm間隔で長くなるので、自分の足長と膝下とのバランスを考えて選びたいです。

 

 

AIGLE MISSMARION(ミスマリオン)

AIGLE MISSMARION
出典:aigle.co.jp/img/86_/860952900/860952900_dt10.jpg

エーグルの2015年夏モデルのレインブーツ。

流行のキャメルカラーが映えますね!

人と違ったものが嫌な人向けにこういったタイプを選ぶと被る事が少なくなります。

かなり柔らかく作られていて収納も専用のバッグに入れれておけます。

靴底もしっかりグリップするように加工されているので足元が滑る事も少ないでしょう。

 

膝を隠す長丈スカートとは相性悪い

ブーツとスカートの長さのバランスを考えないと、短足に見えてダサいです。

スポンサーリンク

それを防ぐ為には、ブーツは膝下3cm以上あけて素肌が見えるゾーンを確保して全体のバランスをとります。

膝頭が見えるようにスカートもブーツも長さを調節すると、バランスよく見えます。

パンツスタイルでも膝下とブーツ丈とのバランスは同じ長さにした方がファッションが決まりやすいです。

 

最も外せないポイントの「色」選び

スリムタイプならブラックでも良いですが、履き脱ぎしやすさを優先して太めデザインを選ぶなら、「黒」意外を選ぶと魚屋ブーツに見えにくいです。

 

デザインだけで選ぶとどうしても機能性が無くなったり、不便になったりしますが、それでも手に入れたいおしゃれはちょっとした「ミエ」かもしれません。

でも社会人なら、多少の不便さを受け入れておしゃれにカッコイイ自分スタイルをコーディネートする事も大事かと思います。

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。