出典:blog-imgs-16.fc2.comsuisuitjpthree-hoses

こんにちは、リョウです。
ビジネスシーンで守らなくては
ならないマナーやエチケットは
いろんな所に潜んでいます。

 

スポンサーリンク

はじめに

仕事をする上で相手に不快感を
与えたり、みっともないと思われては
ビジネスを進める上で優位性を
保てません。

上の写真は問題のある靴下選びの
事例を紹介しているのですが、真ん中
以外はいろいろ問題がありそうです。

 

あわせて読んでほしい記事

 

メンズビジネスソックス選び

色選びはクールで目立つ柄の少ないもの

ビジネス上、白い靴下をスーツに
合わせて履くのは大きなNGだと
思います。

個人的に、スーツに白いソックスを
合わせている人を見ると、幼稚に
思えて仕方ないのです。

小学生が履くイメージがどうしても
払拭できないからです。

スーツにはなるべく無地柄の
濃いネイビーブラウン、ダークローズ
ブラックグレー
の質素でありながら
シルエットが引き締まって見えるカラー
を選びましょう。

柄物ソックスはなるべく避ける

柄物はあまりビジネスユースには
適さないと考えます。

やはりカジュアル色が強いからです。
どうしてもオシャレを演出したいなら
遠めに分からないほど細かいドット柄
ならいいですね。

織り方で柄を演出している物は
エレガントな雰囲気が漂うので
そちらは大丈夫だと思います。

エチケットとしての長さ

足を組んだり、ソファーに腰掛けた際
靴下と足の境界線ができあがり、脛が
見える人を見受けます。
(一番上の画像再右)

女性のスカートとニーハイソックス
との境界線はセクシーさを感じると
評判ですが、こと男性については
全くあたりませんw

むしろみっともないというか
毛深いと気恥ずかしさすら感じます。
しかも、当の本人ではなく周りで
見せられている人がそのように
感じるから不思議です。

基本はロングホーズ

ロングホーズ出典:business.nikkeibp.co.jp

上の写真程度の丈の長さのソックスを
「ロングホーズ」といい、ヨーロッパで
ビジネス用ソックスはこちらが常識と
されています。

これぐらい長いと動作しているうちに
ずり落ちてくることも無く、靴下を直す
煩わしさすらなくなります。

最近はふくらはぎ部分に加圧機能を
組み込んだ圧着タイプもあり、足の
むくみや血流を考えた商品もあります。

スポンサーリンク

新社会人におススメしたい
ビジネスソックスはこの「ロングホーズ」
を是非選んで欲しいです。

まとめ

エチケットを守るのもビジネスマンの
大事なお仕事の一つです。

相手に不快な思いや舐められていては
せっかくの能力や魅力ある提案をしても
全ての評価が下がりかねません。

隙無く狡猾に自分をプロデュースしましょう!

  • ビジネスソックスの色は落ち着いた色を選ぶ
  • 濃いネイビー、ブラック、ダークグレー、ダークローズ、ブラウンが適当
  • 柄物はカジュアルに見えてしまう
  • スーツに白い靴下は最大のNG!
  • 足を組んでも肌が見えない長さのソックスを選ぶ
  • ヨーロッパではビジネスユースのソックスは「ロングホーズ」
  • 加圧機能を組み込んだロングホーズソックスもある

編集後記

私はロングホーズばかり揃えてて
OFFの日に履く靴下があまりありませんw

ロングホーズは1足で軽く\1,000オーバー
しますので、最初揃えるのは大変ですが、
エチケットも守れてわずらわしさから
開放されるならお得だと思います。

スポンサーリンク

それでは失礼します。