出典:iscle.com

こんにちは、リョウです。仕事上、長時間パソコンを使用しての作業が多いので様々な悩みがあります。特にブルーライトによる疲労は蓄積するそうで、実際に長時間作業をしていると倦怠感や体の芯から疲れを感じることが多いです。

 

スポンサーリンク

PCメガネの各社比較!オススメはカスタマイズ豊富なJINS製

ブルーライトについてはプラシーボや、そもそも科学的に証明されていない等いろんな意見があり結論を得ていません。

しかし、実際にPC眼鏡を使用すると一定の効果はあるようで、私もその恩恵に与っている一人です。

個人的にはブルーライトカット眼鏡をかけると疲労が軽減され、画面を見た時のチラつきが抑えられ、眼精疲労からの偏頭痛等も軽減されているように感じます。

個人で感じ方も効果も違うので絶対ではありませんが、そこを踏まえて各社のPC眼鏡を比較して見ました。

 

100均製は2種類存在!違いは濃度?

さっそく出してきた感は否めませんが、100均にもPC眼鏡はあります。

は2種類の違いはカット率が40%と50%の違いでデザインは同じです。

両者の違いはレンズの色の濃さが微妙に違うくらいで実際に物を比較しないと分からない程度ですが、やはり濃い方がカット率は高いそうです。

ただしレンズ越しに見える薄茶色の世界がより濃くなるので、自然な視界を望む人は40%の方をオススメします。

レンズに関しては、汚れが付着するとふき取り難く、質の安価さが伺えます。

装着感は耳の上でゴリゴリ感、鼻の上も長時間使用するには耐えられないゴツゴツ感で、直ぐ痛くなります。

せいぜい15分以内の使用にしか耐えられないでしょう。

ZoffもJINSも好きなデザインからレンズを選べる

以前は専用設計でデザインも限られたラインナップのみしか用意されていませんでしたが、最近ではどのデザインでもレンズをブルーライトカットレンズに変更することができます。

もちろん度付きレンズも選べるので機能性を盛り込んだオリジナル眼鏡を「作る」感覚に似ています。

なので、デザイン重視で選ぶんでオシャレ眼鏡としても使用できて実用に耐えられます。

さすがに価格は標準モデルで数千円以上するので、お手軽に…とはいきませんが、装着感は100均とは比較にならないほど快適で、長時間使用しても痛みは余りありません、普通の眼鏡です。

ただ、どうしても極薄い色つきサングラスっぽくなるので人前での使用は難があります。(昭和っぽいテイスト…色付きは眼鏡はビジネスで不適切)

 

ドライアイ専用JINS Moistureでブルーライトカットレンズに!

私がイチオシするのは「JINS Moisture」です。

エアコンの効いたオフィスは大変有り難いのですが、目に弱点のある人にとって「乾燥は大敵」です。

「JINS Moisture」はテンプル部分に水タンクが付いている眼鏡で、若干レンズ部分も目を覆うようなつくりになっています。

スポンサーリンク

装着しての効果は「無いよりはマシか…」なので微妙な効果ですがwプラスチックフレームの軽さとデザインやカラーがカジュアルでおしゃれ眼鏡としても使用しています。

購入する際にスタッフさんへ聞いたところ、ブルーライトカットレンズへも変更可能なので私の様にドライアイでブルーライトもカットしたいワガママさんにはオススメな眼鏡です。

前述したとおり、昭和テイストな色眼鏡になるのは避けられないようですが…PC作業用と割り切ればさほど支障はなさそうです。

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。