出典:feedtailor.jp

こんにちは、リョウです。
サラリーマンの給料だけでは生活が苦しかったり、人生の荒波を乗り越えていくには元手も必要ですよね。企業によっては副業を禁止している所も少なくないので、もし副業をしててバレたくなければ注意したいですね。では、副業がバレルのか?どんな事が原因なのか?調べてみました。

 

スポンサーリンク

副業がバレる唯一の原因は住民税!どうやってバレずにやり過ごすか?

住民税って本業だけで給料もらってると全く意識するコト無く勝手に差っぴかれている印象がありますよね。

この税金、稼いだ金額(=所得)の大小関係なく必ず課税されるんですね。

もし何もしないでいると、課税の効率化を図る当局は本業分も副業分も一括で住民税を請求してくる(特別徴収)ので、会社があらかじめ計算した住民税額と実際に請求される額面の食い違いでバレルのが多いパターンです。

ちなみに年額5千円のアルバイトでもバレてしまったケースもあります。

わずかな稼ぎでも同じ条件で給料を支払っているはずのあなたの分だけ住民税に差があると、わかってしまうのは当然ですね。

 

直接納税をしよう!

副業バレしない完璧な方法はありません。

例え確定申告しても、役所が本業の会社へ税金の事で連絡してしまう事だってあります。

会社は法人として税金を納めるので、法人が稼いだ額を申告するには役所へ「給与支払報告書」という方法で稼いだ額と経費等、それに対する税金を決定して収める事になっています。

その時のやり取りでバレてしまう事もありますが、あなたが事前に役所の住民税担当の所へ相談に行って、会社へ副業収入の事で連絡が行かないよう確認したり相談・念押しする事で1つのハードルをクリアできます。

そして少しでも会社バレしない方法は、やはり「確定申告」をして「住民税」を自分で直接収める方法を選択することでバレ難くなります。

 

自分の名前を出さないで稼ぐ

例えば奥さんの名前で副業の稼ぎをもらったり、副業の開業届けを出して事業として取り組む事で自分が関与していない状況を作り出せれば会社バレしない…かもしれませんw(これでも完璧ではありません)

ただし、奥さん絡みで会社からの手当てが減額されたり、他の税金が加算されたり、社会保険の支払い義務が発生したり他のデメリットも浮上してくるので一概に良いとはいえません。

雑所得にカテゴライズされる報酬を稼ぐ

どっかの居酒屋でバイトしたり、短時間でも雇われて仕事するのは「給与所得」になるので絶対に避けなくてはいけません!そのお店や会社が「給与支払報告」を行なっているからです。

副業の仕事選びのポイントは「給与所得」等に合致しない稼ぎ方で報酬を得ることです。

 

副業に向いてる所得(稼ぎ方)として「雑所得」があります。

利子・配当・不動産・事業・給与・退職・山林・譲渡・一時所得以外の所得の事で、給与の様に源泉徴収(天引き)されないので住民税を自分で納める必要があります。

昔で言えば内職、今ではネットビジネスなどいくつもありますね。

スポンサーリンク

事業としてやるのか小遣い稼ぎ程度で十分かで課税率も違ってくるので、自分のスタイルに合った稼ぎ方で住民税を納めることで、会社バレし難い副業の稼ぎ方といえます。

 

それでは失礼します。

 

▼ 副業で稼いだら確定申告するのは必須?

何にも恐れる事がなければ何もせずどうどうとしていて良いですが、会社バレせずに副業で稼ぎたいなら「確定申告」はオススメしたいです。

⇒ 副業者が確定申告するメリットとやり方について

 

▼ 何でバレるんだろう?

副業ってバレル理由があるんです。知らないまま放置してると社内規定で禁止されている副業のせいで最悪首になるかもしれません…

スポンサーリンク

⇒ サラリーマンが副業するなら確定申告すべき!その理由