出典:outspot-3378.blog.so-net.ne.jp

こんにちは、リョウです。
今年も夏フェスがやってきますね!屋外で「これでもかっ!」ってくらいテンションMAXで弾けちゃうLiveは、アーティストだけでなく参加するオーディエンスの服装を見るのも楽しみの一つです。みんなどんな格好で行ってるのか?実際に見て参考にしましょう!

 

スポンサーリンク

夏フェスにおすすめのコーディネート集3つのパターン

屋外会場でイスもテーブルも木陰も無い…あるのは音楽だけ!というのが基本。

下手すると暑すぎて熱中症かかったり脱水症状に…ってこともありえます。

その辺は個人で対策して気をつけてほしいですが、やっぱり軽くて動きやすい服装が一番Liveを楽しめます。

今回は初めて夏フェスに参加するという人におすすめしたい、ファッションコーデを紹介します。

 

夏フェスの定番コーデ

1
出典:wear.jp/djdai5/coordinate/4433858/

炎天下なのでバケットハットを選ぶのは大正解!

できればもっとツバの大きいサイズがいいです。

個人的にはすすめたいのは「麦わら帽子」

ザックリ編みのタイプなら、頭部に風が吹き抜けて蒸れも少ないです。

 

手が自由になるようにビニールレザー系(PVC)のウェストポーチを斜め掛けして、濡れるのも気にしないでLiveに集中できます。

それとパンツにジーンズ系の長ズボンを履いてくる人も多いですが、夏フェスってぶっちゃけ「耐久スポーツ」ですw

長時間飛んだり跳ねたりしてると大汗かいて全身びしょ濡れ…上下とも服が体に張り付いて後半動きずらいったらありゃしない!

ヒザ下の無いハーフパンツなら、動きやすくて風も入り込むので、この定番コーデは猛プッシュします!

 

日焼け虫除け対策は山フェスにおすすめ

4
出典:wear.jp/1048/coordinate/808529/、wear.jp/miyakj0306/coordinate/1852118/

インナーに長袖Tシャツを合わせるのもフェス参加者の定番ファッションです。

暑い時は適度にまくればいいし、山会場のフェスなら虫除けにもなります。

ハーフパンツのアンダーにスポーツ系パワータイツやレギンスを履くと、筋肉の余計な動きをサポートしてくれるので長時間耐久にも耐えやすく疲れにくくなります。

ただ、コレ履くとめちゃくちゃ暑いので、足だけをカバーするタイプがおすすめです。

個人的には蒸れ防止やサラサラ感がある「機能性ステテコ」が好きですね。

 

雨が心配なフェスに参加するなら

5
出典:apalog.com

これはちょっと重装備かなw

まるで山登りするみたいですね。

でもこれくらいしっかりしたレイウェアを1着持ってると助かります。

特に山フェスだとコロコロ天気が変るうえに気温の寒暖も激しいので、いつでもアウターを取り出せるように小さく折りたためるレインウェアは必携です!

もちろん100均とかで売ってる使い捨ての雨ガッパでも大丈夫!

ちゃんとフード付きのヤツを選んでくださいね。

豪雨雷雨じゃなきゃ、フェスって中止になりませんから…

 

 

夏フェスは会場によっては雨になったり泥んこになったり砂まみれになったりするので、汚れても破けても平気っていう服装を選んでください。

スポンサーリンク

それと足元は必ず「靴」を履くこと!!

サンダルとか履いてて踏まれて痛い思いしたら、Liveどころじゃありませんからね…。

 

それでは失礼します。


 

◆ 雨が気になるフェスにおすすめなたためるレインブーツ

荷物はなるべく少ない方が良いですが、最初っからブーツはいてドカドカ会場まで歩くのってシンドイですよね…ちょっとかさばるけど折りたためてコンパクトな軽量レインブーツなら安心して持っていけますよ!

⇒ 雨が多い日でも安心!折りたたみ式レインブーツ

 

◆ 麦わら帽子の似合うメンズコーデ

夏に大活躍の麦わら帽子をカッコよく着こなすコーディネートと各ポイントについて紹介してみました。

⇒ 快適にフェスを過ごしたいなら麦わら帽子コーデで出かけよう!

 

◆ フェスの定番アイテム「バケットハット」

日除けもできて適度におしゃれ感のあるバケットハットをかぶってフェスに参加すれば、脱初心者になれるかも!?

スポンサーリンク

⇒ フェスでカブって行きたい大人のバケットハットコーデ七選