出典:liginc.co.jp

こんにちは、リョウです。
以前プレゼン隊長として多くの
資料作りを手がけていた頃、突如
手首の痛みに悩まされた時期が
ありました。「腱鞘炎」です。

 

スポンサーリンク

関節の負荷を軽減するエルゴノミクスデザイン

病院へ行く程の事も無かったのですが
長時間PCを使用し作業をしている人に
とって、いつ罹るかわからないものです。

手首に電気が走るような痛みがあり
その間隔が短くなると重症です。

やはり手首に無理な負荷をかけたままの
状態で長時間作業を続ける事が一番ダメ
なようで、これを見直す為にある機器の
変更をしました。

 

手首に負荷をかける向きがある

変更したのは「マウス」だけです。

一般的なマウスを持つポーズは
手首をひねって動作させるため
実は負荷度の高い動作です。

手首の負担
出典:amazon

これを改善するだけで
かなり症状が良くなります。

 

マウスをトラックボールに変更するだけ

有線にしろワイヤレスにしろ
既存のPCマウスは必ず腕ごと
あるいは手首の返しだけで操作する
のが基本ですね。

この動作が良くないと気がついて
以前から気になっていた
「トラックボールマウス」を購入し
使用を始めました。

トラックボールマウス
出典:amazon

これがテキメン!

手首を動かさないで済むので
余計な負荷がかかることが少なく
痛みも気にする事も無く作業に
打ち込むことができました。

それ以来、自宅のPCでも
このタイプのマウスを使用しています。

本当は「親指」を駆使するのも
あまり良くないそうなので類似品で
トラックボールを人差し指で操作する
タイプならその心配は更に軽減される
ことでしょう。

エルゴノミクスデザインのマウスは?

後で調べてみると、こういう
腱鞘炎を予防する為のアイテムが
販売されているんですね。


腱鞘炎予防マウス
出典:amazon

このタイプなら手首をひねって
作業をする事から避ける事ができるので
腱鞘炎の予防になります。

ただこれ、手首で動かす今までの
タイプと動作事態は変らないんですよね。

手首使うんです…
慣れの問題かもしれませんが

個人的にはトラックボールタイプなら
場所も固定して置けて、作業スペースの
狭い場所でも使用できるので重宝する
と思います。

 

最も腱鞘炎予防に良いのはコレかも?

会社で使用しているノートPCは
旧IBM製品でした。
(現在はLenovo「レノボ」)

そのPCのキーボード部分についている
「トラックポイント」は使い慣れると
キーボードから手を外す事が無いので
作業も捗り腱鞘炎の原因となる手首の
ひねり動作も少なくてすみます。

スポンサーリンク

トラックポイントキーボード
出典:amazon

今ではキーボードだけワイヤレス
タイプで販売されているので嬉しいです!

もし腱鞘炎でお悩みの方は
まずはマウスの変更を検討するだけでも
かなり症状の軽減になると思いますよ。

長時間PCを使用して仕事をする人には
これら環境整備も効率化の一環だと考えます。
将来、余計な痛みに悩まされないためにも
こういった些細な工夫は大事ですね。

デスクワーク中心の日は
こんな気遣いもお忘れなく…

⇒ ビジネスマンの作業着を長持ちさせるには?

 

個人的には先ほど紹介した
「エルゴノミクスデザイン」で
トラックボールが合体したのが欲しいですが…

 

スポンサーリンク

それでは失礼します。