出典:form.allabout.co.jp

こんにちは、リョウです。
先日ネット上で新入社員が訪問先でお茶を飲んでしまった…という話題で盛り上がっていたのですが、確かに出されたお茶をどうするかってあまり教えられませんよね?
個人的な経験に基づいたお話でよければ、この出されたお茶マナーについてお話してみようと思います。

スポンサーリンク

出されたお茶をどう処理するか?そこが問題だ…お茶菓子も同じ

一般的には、先輩上司やマナー講座で教わることを守ればほぼ問題はないと思われますが、ここはおさらいも含めて、主観ではありますが私なりのやり方についてお話します。

 

お茶か?コーヒーか?それとも…

「選んでください」という嬉しいシチュエーション。

これがファミレスや友人宅なら気兼ねなく好きな方・今飲みたい方を選択すれば良いのですが、基本的には以下のパターンが鉄板です。

  • 上司と同伴
    この場合、判断は全て上司に任せ、上司がお茶なら自分も同じ物を選ぶというのが正解。
    お茶が苦手とか身体に合わない等どうしても避けなければいけない理由がある場合はきちんと理由も簡潔に述べて別選択もありです。同伴上司にも一言事前に断りを入れると、より丁寧です。
  • 単独行動の場合
    どちらを選択しても構いません。まさに好きな物・今飲みたい物を選んでください。個人的にはコーヒーの方がコスパが良かったり作り置きがあったりしてそちらを選んでくれると助かるという場合が多いように感じるので無難にコーヒーを「Hot」でブラックを選択しています。(アイスは氷を入れる手間が加わる、砂糖やミルクも不要ならコスパ上嬉しいはず。片付けも簡単!)

 

口をつけるタイミング

訪問先の方から「どうぞ」と促されてから一口だけ飲むのがマナー…と一般的には言われているので、それに習えばいいですね。

待合室等で待たされている場合は、出してくれた人が部屋から退出した後に飲むのが良いとされています。

お茶菓子も同じタイミングで頂く

お茶菓子も同様に促されてから頂きましょう。

食べきるタイプのお菓子(ケーキや包装無しで出されるクッキーや和菓子等)はなるべくその場で全て平らげてしまうのがマナーです。

もし個装された御菓子を出されたなら1つだけ頂いて、残りは持ち帰らずに置いておくのがいいです。(こういう場で欲は出さないw)

 

飲み干すか?残すか?

これはあなた次第です。

入れてくれた人の気持ちを考えると、飲み干す事で残り物を流しに捨ててしまう時の虚しさを回避してあげられるので無理がなければ飲んでしまったほうがいいですね。

お代わりを入れられてしまうのを避けるには?

私はいつも促されてから一口目を飲んだ時、余裕があれば半分程度まで飲み干して商談を進めていました。

この半分残している状態がポイントで、もう1~2口で一気に飲み干せ且つまだ飲んでいる途中という事をアピールしているつもりですw(テーブルマナーの食事中の退席をフォークとナイフの位置で表現するが如くw)

これでだいたいのお代わりを避け、訪問先でトイレへ駆け込むカッコ悪さを回避できます。

反面、お代わりを促すのはハシタナイとされ、マナー違反とされます。

もし顔馴染みでわがままが許されるほど関係性が深い場合でも、必ずお許しを請ってからお願いするのを忘れずに…。

 

退出するまでに飲み干している状態が良い

商談の最後に余談や仕事の話で一段落付いた状態でお話の締めくくりを予感した時、お話をしながら残りを飲み干すと商談終了の合図となるのが一般的です。(飲み干したタイミングでこちらから商談終了を切り出しやすい)

スポンサーリンク

 

ビジネスマナーって基本は相手に失礼が無いように共通認識としての作法ですから、TPOでマナーも変ってきます。一番大事なのは「空気を読むチカラ」!

それさえ身に着けてしまえば、マナーも要領良く振舞えるはずですよ。

 

それでは失礼します。

 

◆ 飲み会に必要なスキルとは?
正直、飲み会って苦手でしたwそれでも社会人としての連帯感から外れるわけには行かないので、参加せざるを得ないのですが、どうせ参加するならチャッカリその場を掌握してしまうくらい相手から「参加してくれて良かった!」と思われてみませんか?

⇒ 飲み会マナーと潜在的な要求をクリアする方法

 

◆ マナーの基本って知ってますか?
学生気分が抜け切らないまま社会人していると、いつまで経っても社内外で相手にされません。最低限守るべきビジネスマナーを身に着けて社会人としてのスタートラインに経ちましょう!

スポンサーリンク

⇒ 社会人に最低限必須なマナーは人としての基本だった!