出典:cleaning-kyubin.com

背広組みにとって、毎日の
アイロンがけって一番面倒な作業ですよね。
できればやりたくない!

スポンサーリンク

はじめに

常に一定の時間を確保できているなら
問題ないのですが、残業だったり
深夜までの社外営業だったりw

必ずしも生活リズムは一定ではありません。

そんな多忙な人のための
「なるべくアイロンがけをしなくて済む」
方法について書いてみます。

 

アイロンがけを少なくする方法

シャツを裏返しボタンは留めてネットで洗う

Yシャツを洗濯機に入れる前に
必要な準備として、シャツを裏返して
ください。

これは少しでも表地が傷んだり
毛羽立ったりするのを防ぐための
作業です。

ボタンを留めることも忘れずに。
裏返した後だと面倒ですが、これを
やるだけでシャツの形が大きく変形する
のを防ぐことができ、しわの原因を
回避できます。

留める位置は首もとの一番上と
胸骨あたりと、一番下のボタン
3~5点程度留めるといいでしょう。

洗濯機に入れる際、Yシャツはネットに
入れてから選択スタートします。

ネットに入れると、他の洗濯物との擦れを
防げるので、これも長持ちさせるコツです。

 

脱水は水が滴らない程度で終える

全自動洗濯機のボタンを押したら
そのまま放置…これがシワの最大の原因!

一番の要因は「脱水」機能です。
そのまま機械任せにすると、その過程で
シワの原因を多く作ってしまいます。

脱水モードは滴り落ちないくらいで
停めて直ぐに取り出して、肩口や裾を
つかんでシワを延ばす作業が必要です。
脱水は30秒程度でいい。)

少し滴り落ちる程度で脱水を終えると
含んだ水本の重みで生地が引っ張られて
縦方向のしわが伸びてくれます。

 

ハンガーを使って形よく干す

Yシャツはハンガーで干します。
その際、肩の端まで型が行き届くように
ハンガー肩口にタオルを巻いたりして
厚みと長さを持たせます。

肩口が伸縮するハンガーも売られてたり
シャツの大きさにあったハンガーを買うと
便利ですね。

私はクリーニングでもらうワイヤーハンガー
にダンボールやタオル等を巻いて肩口の
大きさを調節しています。

 

干しながらしわを伸ばす

ハンガーに干した状態で
縦横斜めにシワを伸ばしたら
小シワが気になる部分を両掌で押さえたり
叩いたりするなど基本的なしわ伸ばし
作業で伸ばしていきます。

洗濯機の上手な使い方も
おさらいして使用すればより上手に
お洗濯ができますね。


出典:youtue

ここまで丁寧に洗剤を使用している人は
あまり見受けられませんね。

 

まとめ

これら方法で洗濯すると
大抵のしわが軽減できるので
アイロンがけをしなくて済んだり
軽めで終えられます。

ちなみに、糊付けすると
アイロンがけの負担が少なく
済むようです。

 

もしエリや袖口、胸元しか見えない
状態で勤務中過ごす事ができるなら
この方法で洗濯したYシャツなら
アイロンがけいらずで済みそうですよ。

スポンサーリンク
  • 選択する際は裏返して選択する
  • 洗濯機に入れる前にボタンを3箇所程度留めておく
  • 洗濯ネットにたたんで入れる
  • 脱水は30秒を目安に早めに切り上げる
  • 干す時にハンガーを利用する
  • 肩口までしっかり支えるハンガーを使う
  • 十分にしわを伸ばして小じわは叩いて伸ばす

どうしてもアイロンがけをしたくない人は
携帯安定シャツを購入するのも手ですね。

編集後記

私は毎日お風呂に入りながら
洗剤を溶かした洗面器でゆっくり
押し洗いしてます。

その日に着たシャツを洗うので
洗濯物が溜まらないように済んでます。

たまに忙しいとお休みの日に
まとめ洗いですがw

襟首や袖口は歯ブラシなどで濃い目の
洗剤をつけて毛先で叩いたり優しく
ブラッシングして汚れを落としてます。

お湯で洗うので汚れ落ちいいのと
表面積の大きい部分は押し洗いで汗や
皮脂を十分追い出すように洗えば
十分です。

スポンサーリンク

それでは失礼します。